「夢一途」


Taira。所属:サンフランシスコジャイアンツ。マイナーリーグブルペンキャッチャー。アスレチックトレーナーになるため修行中。
by taira-at-siu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

喉にボールを食らう

今日は野球部の今年の最後の全体練習ということで、バッティング練習のあとに紅白戦が行われました。

ということで、バッティングピッチャーをした後は、ブルペンに行って、約10人のピッチャーを受けることに。

エースの球を受けているときのことです。彼は今年のドラフトにかかるほどのすごいピッチャーなのです。まだドラフトにかかった時は3年生だったということで、大学に残ったピッチャーです。

150キロを越す剛速球を投げる投手。その真っ直ぐが指に引っかかりすぎ、ボールはハーフバウンド。自分の体は、そのバウンドを止める体制に。

かなり前にバウンドし、そして、バウンドしたところは人工芝。ボールはスピードを増し、あごを上げて止めにいってしまった自分の喉にボールが直撃!!

アメリカのキャッチャーのマスクには、喉をガードする、スロートガードが付いていないのです。

ということで、当たった瞬間は一瞬息が吸えなくなり、1時間後にようやく水を少量飲めるようになり、3時間後には、ホットドックを4本にハンバーガーを1つ食べられるだけの喉に戻っていたのですが、声が出ません

声がヤバイ。ガラガラハスキー声になってしまいました。さて、声は治ってくれるか!?

まだ炎症を起こしているので、喉は痛い。

そりゃあ150キロ近くの真っ直ぐが直撃すりゃー痛いよね。。。
[PR]

by taira-at-siu | 2005-10-09 15:36
<< 声が出ない。。。。。。 満足 >>