「夢一途」


Taira。所属:サンフランシスコジャイアンツ。マイナーリーグブルペンキャッチャー。アスレチックトレーナーになるため修行中。
by taira-at-siu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

構え方、キャッチングの違い

キャッチャーの構え方、日本とアメリカとでは全く違います。

野球に詳しい人なら気付いているとは思いますが、日本人のキャッチャーはアメリカや南米系のキャッチャーに比べると、パスボールの数が多いような気がします。

こっちのキャッチャーは、構えるときに膝をついて構えることをしません。ランナーのいるときは特に中腰です。

それに比べ、日本のキャッチャーは、ランナーがいるときでも膝を突いて構えます。

両方の構えを今までにしてきて気付いたことは、膝を突かないで構えたほうが動きやすい。より俊敏にボールに対応できる。

確かに膝を突いて構えたほうが楽です。簡単に低く構えられるし、疲れません。しかし、確実にボールへの対応は遅くなるし、動ける範囲も限られるわけです。


また、ピッチャーはマウンドからホームプレートまでの距離がより近く見えたほうが投げやすい。

プロ野球の球場に行ったことがある人ならわかるでしょう。大きな壁に囲まれている球場、嫌に球場が狭く見えませんか?

そうです、大きな壁があることによって、前にあるものがより近く見えるのです。

というわけで、アメリカ式のキャッチャーの構えは、より自分を大きく見せて、ピッチャーに投げやすくしているのです。ピッチャーはホームベースまでの距離がより近く見え、投げやすいことでしょう。


ずっと日本で野球をやってきたのですが、日本にいるときになぜそのことに気付かなかったのでしょう。

もし日本でコーチをする機会があれば、それを伝えたい。



日本の野球は全体的に、キャッチャーのレベルにおいて劣っていると思います。

技術的には全く劣っていない。しかし、キャッチャーのレベルにおいて一歩進んでいるアメリカを見習えば、よりレベルアップを図れると思います。


逆に、アメリカのキャッチャーが日本のキャッチャーに比べて劣っているところといえば、キャッチングです。

日本のキャッチャーは、常に良い音を出して捕ろうという意識がありますが、アメリカのキャッチャーにはそういった意識はいとつとしてありません。

こっちのキャッチャーはミットが落ちる落ちる。低めのボールのキャッチングが特に。

それに比べて、南米系のキャッチャーはアメリカ人のキャッチャーに比べるとキャッチングが上手です。

日本ではキャッチングに対して本当にうるさく言われます。キャッチングの練習を日々していたことが懐かしい。


今は3Aレベルのピッチャーを受けているわけですが、毎日が勉強です。いろいろ考えながらやっています。





日本とアメリカのキャッチャーの技術を足して2で割れば最高ですね。。。。
[PR]

by taira-at-siu | 2006-07-28 14:52
<< ニューメキシコ州にて 出会いと別れ >>